スバル BRZ《撮影 太宰吉崇》

すべての組み合わせを乗ったわけではないが、17インチタイヤを履いたMT車を一番楽しく、気持ちよく動かすことができた。

調子に乗ってツインリンクもてぎのインフィールドとオーバルで、けっこう振り回した気がする。懸念していた電動パワステのフィーリングに違和感はなく、スッと入り込めた。手のひらに伝わるフィールもちゃんとある。

挙動はかなりの低重心ということもありつねに安定。ロールがどうのこうのではなく、ステアリングの切り角に対してスッと鼻先を向ける。

9000回転まで刻まれたエンジンのまわり方もグッド。6000〜7000回転あたりがおいしい領域で、加速もサウンドもいい感じ。欲をいえばマフラー音はもうひといき。もっとレーシーにやっちゃってもよかったんじゃない?

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

九島辰也|モータージャーナリスト
外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。『Car EX』副編集長、『アメリカンSUV』編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌『LEON』副編集長なども経験する。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。趣味はサーフィンとゴルフの“サーフ&ターフ”。 東京・自由が丘出身。

スバル BRZ《撮影 太宰吉崇》 スバル BRZ《撮影 太宰吉崇》 スバル BRZ《撮影 太宰吉崇》 スバル BRZ《撮影 椿山和雄》 スバル BRZ《撮影 椿山和雄》