新型BMW M6クーペ

BMWは12日、新型『M6クーペ』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー12で初公開される。

新型M6クーペは、新型『6シリーズクーペ』の頂点に立つ高性能グレード。BMWの子会社で、『M3』や『M5』の開発や生産を手がけるBMW M社が、エンジンや足回りなどに、トータルチューニングを行った。

その心臓部に収まるのは、新型『M5』と共通の直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンを2個のターボチャージャーで過給したユニット。最大出力560ps/5750-7000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5750rpmを引き出す。

トランスミッションは、7速Mダブルクラッチ。新型M6は、0‐100km/hを4.2秒で駆け抜け、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力。Mドライバーズパッケージでは、リミッターの解除により、最高速は305km/hに到達する。

またルーフには、軽量なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を使用。ドアやボンネットはアルミ製とした。サイドパネルには熱可塑性樹脂を使うなど、軽量化には重点的に取り組む。

足回りには、Mダイナミックダンパーコントロールを採用。タイヤサイズはフロント265/40R19、リア295/35R19だ。ブレーキローターはフロント400mm、リア396mmの大径仕様で、新開発のMカーボンセラミックブレーキがオプションで用意されている。

新型BMW M6クーペ 新型BMW M6クーペ 新型BMW M6クーペ 新型BMW M6クーペ 新型BMW M6クーペ 新型BMW M6クーペ 新型BMW M6クーペ