東京港臨海道路(II期)開通式典《撮影 高木啓》

東京港臨海道路(II期)開通式典が 11日、東京都江東区で開催された。仮称として東京港臨海大橋とよばれていた「東京ゲートブリッジ」を含む区間で、一般共用は12日から。渡り初めパレードには電気自動車をはじめ親環境車が連なった。

白バイに先導される車列の1号車は日産『リーフNISMO RC』。ドライバーはレーサーの松田次生選手だ。2番手はホンダのEV、『マイクロコミューターコンセプト』。東京モーターショー11で発表されたコンセプトカーが公道を走った。3番手は東京オートサロンでも話題となった“フルEV”改造車のトヨタ『2000GT SEV』だ。

以下、ホンダ『FCXクラリティ』、日産『リーフ』(量産仕様)、トヨタ『プリウスPHV』、三菱『i-MiEV』などが続いた。量産仕様だけでなく燃料電池車、電気自動車、ハイブリッドカーの試験車両も連なった。バスも東京都交通局の各営業所から都バスのハイブリッド車などが参加した。

東京港臨海道路は江東区と大田区とを結び、既存の湾岸道路の海側を並行する。工事第II期事業区間はその東側で、これで全線開通となる。事業主体は国土交通省と東京都。なお第二湾岸道路の計画路線と一部重複するが、これとは別の道路だ。

東京港臨海道路(II期)開通式典、渡り初めバレードがスタート。《撮影 高木啓》 松田次生選手《撮影 高木啓》 日産リーフNISMO RC《撮影 高木啓》 東京港臨海道路(II期)開通式典、渡り初めバレード準備の車列。《撮影 高木啓》 東京港臨海道路(II期)開通式典、渡り初めバレード準備の車列。《撮影 高木啓》