かーいんてりあ高橋、プリウス・リラックスキャビン(ジャパン・キャンピングカーショー12)《撮影 瓜生洋明》

かーいんてりあ高橋はこれまでの常識を覆す、トヨタ『プリウス』ベースの「エコ」なキャンピングカー『プリウスリラックスキャビン』を『ジャパン・キャンピングカーショー2012』(幕張メッセ、12日まで)に出品した。

キャンピングカーのカテゴリーには、トラックをベースにした「キャブコン」や、ワンボックスタイプの車をベースにした「バンコン」があるが、プリウスをベースにしたキャンピングカーはそのどれにも属さない。担当者は「プリウスをベースにしたキャンピングカーは世界初であり、まったく新しいカテゴリー」と話す。

ハイブリッドカーの代名詞とも言えるプリウスにFRPシェルを搭載したプリウスリラックスキャビンは、ハッチバックドアを取り外してはいるものの、車体そのものは一切カットしていないのが特徴である。これは、安全面やコスト面などを考慮したため。その他、全高や全長などに制限を設けることで、3ナンバーの取得を可能にしている。

さらに、エコカー減税の対象車となっており、1リットルあたりの燃費は18キロ程度という点もこれまでのキャンピングカーの常識を覆すものである。

プリウスはすでに市場にも多く出回っていることから、かーいんてりあ高橋では、シェル部分の後付けにも対応しているという。

プリウスリラックスキャビンの乗車定員は5人、就寝定員は4人。価格は444万1500円から。

かーいんてりあ高橋、プリウス・リラックスキャビン(ジャパン・キャンピングカーショー12)《撮影 瓜生洋明》 かーいんてりあ高橋、プリウス・リラックスキャビン(ジャパン・キャンピングカーショー12)《撮影 瓜生洋明》 かーいんてりあ高橋、プリウス・リラックスキャビン(ジャパン・キャンピングカーショー12)《撮影 瓜生洋明》 かーいんてりあ高橋、プリウス・リラックスキャビン(ジャパン・キャンピングカーショー12)《撮影 瓜生洋明》 かーいんてりあ高橋、プリウス・リラックスキャビン(ジャパン・キャンピングカーショー12)《撮影 瓜生洋明》 かーいんてりあ高橋、プリウス・リラックスキャビン(ジャパン・キャンピングカーショー12)《撮影 瓜生洋明》