フィリップ・スタルクがデザインした「PIBALシティストリーマー」

プジョーは2月10日、世界的に有名なデザイナーのフィリップ・スタルクとともに、ボルドー市での使用を前提とした自転車を発表した。

この自転車はボルドー市が主催した「Cyclab」というプロジェクトから生まれたもので、昨年11月28日から今年1月20日までの間、専用ウェブサイトで市民からアイデアを募ったうえで、今回フィリップ・スタルクと、ジャック・シラク政権のもとで首相を務めたことでも知られるアラン・ジュペ市長が発表した。

ボルドーはこの15年間で自転車の数が3倍に増え、市民の10%は通勤に自転車を使っているという。また2003年からは、無料で借りられるレンタサイクルVVB(Vélo Ville de Bordeaux)を市内2か所の専門メゾンと6か所の公営施設に合計4500台配備。一方2010年には24時間営業で有料のコミュニティサイクルVCub(Cubはボルドー都市共同体の頭文字)を導入した。こちらは139カ所に1545台を配置している。

PIBALシティストリーマー(仮称)と名付けられたこの自転車のコンセプトは「バイク・スクーター」で、ペダルの前にステップを持つことが最大の特徴。アルミフレーム、蛍光色のホイール、ハブ内蔵ブレーキ、前後のキャリアを含め、スタルクらしい革新的なデザインになっている。耐久性、機能性、低価格(300ユーロ以下)にも気を配ったという。

プジョーが担当するのは生産で、自転車作り約120年の経験が認められた形になった。まずVVBや公園のレンタサイクルを、これに置き換えていく予定だという。

フィリップ・スタルクがデザインした「PIBALシティストリーマー」