愛知トヨタのATグループが発表した2011年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算は、経常利益が前年同期比14.1%減の81億2400万円で減益となった。

売上高は同6.0%減の2346億2400万円の減収。東日本大震災による自動車メーカーの減産の影響で新車の供給に遅れが出たため、グループ全体の新車販売台数は同14.0%減の5万7136台となった。

売上減の影響で営業利益は同13.8%減の72億9400万円となった。当期純利益は税制改正に伴う実効税率の引き下げで法人税が増加したこともあって同32.1%減の36億4600万円だった。

通期業績見通しを修正。エコカー補助金制度の復活などの効果で新車販売台数が想定を上回る8万7800台を予想。このため、売上高は同2.7%増の3445億円、営業利益が同2.3%増の126億円、経常利益が同0.8%増の135億円、最終利益が同7.2%減の67億円とした。