三菱ふそう キャンターE-CELL

三菱ふそうトラック・バスは2月10日〜11日の2日間、とどろきアリーナ(川崎市中原区)で開催中の「川崎国際環境技術展2012」に小型電気トラックのコンセプトモデル『キャンターE-CELL』を出展した。

今回出展したキャンターE-CELLは、走行時に排出ガスやCO2を排出しない「ゼロ・エミッション」を実現した小型トラックのコンセプトモデル。容量40kWhのリチウムイオンバッテリーと出力70kWのモーターを搭載、最大トルクは300Nm、10時間(電圧200V)の充電で約120kmの走行が可能となる。

川崎国際環境技術展2012は、「今、かわさきから世界に伝えたい、環境技術」をテーマに、川崎の環境への取組みや国内外の企業の優れた環境技術の情報を発信し、産業交流や技術移転による国際貢献の推進を目的に開催している。

川崎市に本社を置く同社は、この趣旨に賛同し、キャンターE-CELL展示のほかにも、川崎市の小中学生を対象とした環境技術に関する出前授業の開催、トラック組立工場の見学ツアーの開催など、環境への取り組みを紹介する。