スバルBRZ欧州仕様

富士重工業は、第82回ジュネーブ国際モーターショーに、欧州プレミアとなるスバル『BRZ』と、『インプレッサ(5ドア車)』を展示すると発表した。

BRZは、トヨタ自動車と共同開発した水平対向エンジンFRレイアウトのスポーツカー。「Pure Handling Delight〜新しい次元の運転する愉しさ」をコンセプトに、水平対向エンジンをより低い位置に搭載した「超低重心パッケージング」によって高いハンドリング性能を発揮する。

また、第4世代となる新型インプレッサの商品コンセプトは「New Value Class」で、新しい価値を提供するために、水平対向エンジンを中心とするスバル独自のシンメトリカルAWDによる信頼感のある走りやハンドリング性能、高い安全性をベースとしながら、高い環境性能を併せ持つことを目指して開発した。欧州市場には、1.6リットルガソリンエンジンの5ドア車を設定する。

一方、富士重のコア技術の一つであるAWDを初めて搭載したスバル『レオーネ・エステートバン4WD』を1972年9月に発売してから今年で40周年を迎える。今回のジュネーブモーターショーでは水平対向エンジンと組み合わせたシンメトリカルAWDに焦点をあて、提供価値である「意のままのハンドリング」を表現したロゴを、AWDの歴史を振り返るグラフィックとともに展開する。

さらに会場ではスバルのシンメトリカルAWDを理解できる3Dゲームを設置し、来場者に体感してもらうコーナーも設置する。

スバル・インプレッサ欧州仕様