販売が好調なアウディA6

アウディは9日、1月の世界新車セールスの結果を明らかにした。総販売台数は約9万6100台。前年同月比は0.8%増と伸びは鈍ったが、引き続き好調を維持している。

市場別では、欧州が前年同月比13%減の4万5900台と後退。このうち、地元ドイツは2.3%減の1万3067台だった。アウディによると、欧州では主力の『A4』が2月に改良モデルを発売するのを控えて、1月販売が減少したという。

ドイツに続いたのは英国で、前年同月比13.1%減の8565台。フランスは16.6%減の4009台、イタリアは27.6%減の3625台、スペインは38.1%減の2535台と落ち込んだ。ロシアは19.5%増の1440台と前年実績超えが続く。

好調なのはアジアパシフィック地域で、前年同月比21.8%増の3万3200台をセールス。このうち、中国(香港を含む)は2万7206台を売り上げ、前年同月比は22.6%増だった。米国は9354台を販売し、前年同月比は19.7%増と伸びている。

1月実績では、新型『A6』シリーズが前年同月比26%増の1万9900台と牽引。同社のペーター・シュヴァルツェンバウアー販売担当取締役は、「各種新型車の投入により、2012年第1四半期の販売には期待できる」とコメントしている。