日産の決算発表(田川執行役員、2月8日)

全体相場は反落。前日3か月ぶりに9000円大台を回復したことで、主力株に利益確定の売りが先行する展開。しかし、後場入り後、円相場が対ユーロで3か月ぶりの水準まで下落したことを好感し、輸出関連株を中心に買い意欲が回復。

平均株価は前日比13円35銭安の9002円24銭と9000円台を維持して引けた。

自動車株は総じて軟調。日産自動車が8円安の766円と4日ぶりに反落。前日の決算発表で、今期連結純利益が前期比9%減の2900億円の見込みと発表。利益水準は業界トップとなるが、前日まで上昇していただけに利益確定の売りが優勢となった。

トヨタ自動車が5円安の3130円、ホンダが16円安の2822円と反落。

下げる銘柄が目立つ中、いすゞが14円高の413円と続伸。大手経済紙が「今期の国内販売台数が5万1000台を超える見通し」と報じたことで、業績も持ち直しに期待する買いが入ったもよう。

富士重工、日野自動車もしっかり。マツダが147円で変わらず。

いすゞ D-MAX(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》