クラリオンは、西武バスと共同で「バス車内サイネージ広告」の実証実験を行うと発表した。

クラリオンは、西武バスと共同で「バス車内サイネージ広告」の実証実験を、2月10日から3月31日まで行うと発表した。今回の実験では、大宮〜羽田空港の空港路線バス車内にモニターを設置し、空港の店舗情報や企業CMなどを放映する。

大手企業9社、空港内店舗21店などの協力を得て行う今回の実験では、停留所の案内表示などに加え、各企業や店舗の動画・静止画によるコマーシャル、日立製作所のデジタルサイネージソリューションである「サインチャンネル」を利用したニュース天気予報などを配信する。

クラリオンによると、今回の実験の目的は、空港リムジンバス車内のモニター表示の有効性、広告訴求効果(送客効果・認知度)の確認、利便性向上の確認であるという。バス機器分野でトップシェアメーカーであるクラリオンは、実験の結果を踏まえ、より利用者ニーズの高いサービスを検討、市場への導入を目指す。