試験用電気自動車(左上)と非接触給電評価機(出力3.3kW)

IHIと三井ホームは8日、戸建住宅での電気自動車(EV)向け非接触給電装置の実用化に向け共同で研究開発することで合意したと発表した。

IHIは2011年から電気自動車向け非接触給電技術の開発に着手し、電気自動車の様々な車種や蓄電池に適合可能な非接触給電装置の車載側(受電)、地上側(送電)の装置の開発を進めるため、独自で受電装置を搭載した試験用の電気自動車を製作しテストを開始している。

非接触給電は、離れて置かれた送電装置と受電装置の間で電力を伝えることができる技術で、ケーブルを引き回したり、コンセントを抜き差しする必要がなくなる。IHIが開発中の非接触給電は磁界共鳴方式で、3kWを超える電力を20cm離れて効率90%以上で送電可能なことが実証されている。

この技術を用いることにより、電気自動車ユーザーは、ケーブルを接続することなく電気自動車への充電が可能になる。

今回の取り組みは、非接触給電装置の開発プロセスの第二段階「実証試験」のひとつとして、戸建住宅での実用化を目指す。

三井ホームは、戸建住宅での宅内インフラの基準づくりや、太陽光発電システム、家庭用蓄電池と協調するHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)制御などの分野を担当、自動車側からの送電・受電を含めた双方向の効率的な電力供給システムの開発につなげる。

両社は今回の取り組みを通じ、自宅の駐車場に停めるだけで電気自動車の充電が可能となるなどの利便性の高い仕組みの実現を目指す。