アルファロメオ ジュリエッタ

構成要素は左右に離れたヘッドランプと盾型グリル、バンパー下のインテークのみ。普通に考えれば間延びするはずのマスクだが雰囲気で“魅せて”しまうのがサスガ。

大胆にして繊細なテールエンドの造形、デリケートなキャラクターラインが作り出すボディサイドの抑揚。写真以上に実車は見応えがある。

さらに復活した『ジュリエッタ』の名。これだけでもう、アルフィスタの心を鷲掴みにしたようなものだ。

キマリ過ぎのTV-CFがイメージを固定化しないか少し心配だが、クルマは、走らせてみるとアルファロメオ流だ。現代的に進化・洗練させたというより、あくまでアルファの世界観にこだわった風で、多少、ロールが抑え気味である以外は、スッスッとした身のこなし、アクセルワークに軽快に応えるエンジンフィールなど「ああ、アルファロメオだなあ」と思え、とにかく気持ちがいい。

高性能版の「クワドリフォリオ・ヴェルデ」は、動力性能がよりダイナミックで、6速MT、クラッチのフィールも自然でなめらか。足まわりも、よりヒタッと路面とコンタクトしてくれる感がある。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

アルファロメオ ジュリエッタ アルファロメオ ジュリエッタ アルファロメオ ジュリエッタ アルファロメオ ジュリエッタ