曙ブレーキ工業は、2月7日開催の取締役会において、メキシコに自動車用ブレーキの製造・販売子会社を設立することを決議したと発表した。

子会社設立の目的は、メキシコに生産拠点を持つ日米欧の完成車メーカーの増産計画、および新規に進出を計画している完成車メーカーの需要に呼応するため。また、メキシコ向け輸出ビジネスを現地生産にシフトすることで、顧客の近くでの生産・供給体制を確立する。

同社では、今回の子会社設立によって、メキシコでの事業拡大を加速させ、同社グループの北米・日本をはじめ、グローバルベースでの競争力強化につなげていきたいとしている。

新会社の設立は2012年4月、生産開始は2013年6月の予定。