スズキ・アルトエコ(東京オートサロン12)《撮影 野口岳彦》

全体相場は小反落。ギリシャの債務問題に対する警戒感、米国市場の下落が主力銘柄の利益確定売りを誘った。

一方で、米国景気の回復期待、海外市場に対する割安感から、下値では買いが入る展開。平均株価は前日比11円68銭安の8917円52銭と小幅に下落して引けた。自動車株は全面安。

ホンダが2円安の2764円と反落。前日の決算発表で今期業績予想を据え置いたことで、スズキが32円安の1773円と6日ぶりに反落した。

軒並み安の中、日産自動車が1円高の756円と小幅ながら続伸。

トヨタ自動車は2986円で変わらず。大引け後の決算発表で、今期連結純利益を前期比51%減の2000億円に上方修正した。