ルミックス DMC-TZ30 画面上の地図に撮影場所や現在地を表示

昭文社は7日、バナソニックが3月8日から発売を予定している、GPS連動の地図機能を備えたデジタルカメラ『LUMIX DMC-TZ30』に、『MAPPLEデジタル地図データ』および、ランドマークデータを提供したと発表した。

LUMIX TZ-30は「旅カメラ」とも呼ばれ、モニターの地図上に撮影場所を表示させたり、GPS機能で取得した現在地を表示させることができる。

同社が提供する地図データは、日本全国の公共機関・駅・道路・レジャースポットなどのランドマークや各種情報などが収録されている。

また、『まっぷるマガジン』をはじめとする観光施設情報をデータベース化、観光・旅行のシーンで役立つランドマークデータを豊富に保有しているのが特長で、デジタルカメラと親和性が高いものとなっている。