トヨタ自動車ミシシッピ工場

トヨタ自動車の米国における生産拠点であるトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ミシシッピ(TMMMS)は、現地時間2月6日より、2直稼動を開始した。当初の予定通り、工場での雇用は約2000名となる。

トヨタ自動車は、2007年2月にTMMMSの建設を決定。一時的に工事を延期としたものの、2010年6月に再開、2011年10月から『カローラ』の生産を開始している。初期投資額は8億米ドル(約612億円)、TMMMSの年間生産能力は15万台。

同社は、北米を持続的成長のために重要な地域と位置づけ、開発から生産、販売、サービスにいたる現地化および自立化の推進を図る。

米国仕様のカローラ