トヨタ・アクア《撮影 池田忍》

日本自動車販売協会連合会が6日発表した1月の新車乗用車販売台数ランキング(軽除く)によると、トヨタの『プリウス』が8か月連続トップとなった。

トヨタのハイブリッドカーの『アクア』も4位にランクインした。また、日産『セレナ』の販売が急増して5位にランクインしたのをはじめ、トヨタ『ヴェルファイア』、同『ヴォクシー』もランクインするなど、ミニバンの好調が目立った。

1位:プリウス 2万9108台(112.3%増)
2位:フィット 2万1449台(44.2%増)
3位:フリード 1万4042台(166.2%増)
4位:アクア 1万3485台
5位:セレナ 8283台(130.3%増)
6位:ヴィッツ 8000台(27.4%減)
7位:ヴェルファイア 6480台(82.2%増)
8位:ヴォクシー 5890台(76.4%増)
9位:デミオ 5327台(21.0%増)
10位:カローラ 5011台(2.9%減)

トヨタ・アクア トヨタ・プリウス トヨタ・ヴォクシー