メルセデスベンツCクラス

ダイムラーは3日、メルセデスベンツ乗用車(スマートを含む)の1月世界セールスの結果を発表した。総販売台数は、1月としては過去最高の9万4526台。前年同月比は5.8%増と、27か月連続で前年実績を上回った。

ブランド別では、メルセデスベンツが前年同月比5.1%増の8万6921台。スマートは7605台を販売し、前年同月比は13.7%増と4か月連続の前年実績超えだ。

市場別では、西欧が前年同月比5.7%増の3万4205台と2か月連続で増加。このうち、地元ドイツは14%増の1万2627台だった。一方、これまで好調だった中国(香港を含む)は、1万4463台にとどまり、前年同月比は7%減とマイナスへ転じる。

また米国は、前年同月比23.8%増の2万0306台と、5か月連続で前年実績をクリア。ロシアは41.7%増、インドが17%増となるなど、いわゆるBRICs諸国では、引き続き好調だ。

メルセデスベンツブランドでは、『Cクラスセダン』が、前年同月比4.3%増の1万8235台と好調。『Cクラスステーションワゴン』は10.8%の伸びを示した。『Sクラス』も、0.4%増の5302台を売り上げる。

SUVでは、『Mクラス』が新型を投入した効果で、前年同月比15.2%増を記録。『Gクラス』は17.1%増、『GLクラス』も9.6%増と伸びた。

同社のヨアヒム・シュミット販売担当副社長は、「2011年も好調なスタートを切った。2012年は再び、過去最高の新車販売を目指す」と述べている。

メルセデスベンツSクラス メルセデスベンツMクラス