スバルBRZ≪撮影 小松哲也≫

富士重工業は3日、スバル『BRZ』の広告キャラクターに女優の黒木メイサを起用すると発表。同社の吉永泰之社長は「特に女性の方にとっても楽しい車ですよというメッセージを伝えるために、あえて結構なチャレンジをした」と、その舞台裏を語る。

実際、8日から放映されるテレビコマーシャルでは、誰もが安心して気軽に操る楽しさを感じる車であることを訴える内容になっている。

吉永社長はテレビCMについて「おそらく皆さんが想像されていたものと違うと思う。なんとなく黒い画面でカキーンって走って、メーターがビュって動くという、そういう(内容の)ものではない」とした上で、「わざと(スポーツカーのイメージとは離れた)あれでいっている」と解説する。

その理由として「(BRZは)量販車種ではないので、トヨタさんと一緒にやることによって事業として成立する。これで儲けるということではなく、やはり車に興味を持って頂けることが我々にとって大事なこと」と述べ、車の性能本意ではなく車そのものに興味を示してもらうことが必要と訴えた。

スバルBRZ≪撮影 小松哲也≫ スバルBRZ≪撮影 小松哲也≫ 富士重工業・吉永泰之社長≪撮影 小松哲也≫