ホンダ、国内ディーラー100店舗に太陽光発電システムを導入

ホンダは4日、2013年度末までに国内の系列ディーラー100店舗に太陽光発電システムを設置すると発表した。

100店舗合計の発電量は1メガワットとなる。ホンダソルテック製太陽光発電システムをホンダ系ディーラーに設置するプロジェクトの最初の設置店となるホンダカーズ東京中央の足立小台店(東京都足立区)に9キロワットの太陽光発電システムを設置した。

ホンダは、自動車業界で国内トップとなる合計3.3メガワットの太陽光発電システムを日本国内の各事業所に設置している。すでに一部の国内のホンダディーラーに太陽光発電システムを設置しているが、販売領域でのCO2排出量削減を加速するため、現在の発電量などを表示する顧客向けの太陽光発電モニターの設置を含めた太陽光発電システムの設置計画を決めた。

販売分野以外でも2013年稼働開始予定の寄居工場には国内自動車工場として最大となる2.6メガワットのホンダソルテック製太陽電池を設置する予定。

ホンダの太陽電池子会社であるホンダソルテックのCIGS薄膜太陽電池は、製造過程の使用エネルギーが少なく、曇天時や、朝や夕方の弱い太陽光でも結晶シリコン系太陽電池と比べて発電量が多いという特性を持つ。

全国100店舗のディーラー販売店へ設置を予定している合計1メガワットの太陽光発電システムによって年間CO2削減効果は約310tとなると見ている。