ホンダNSXコンセプト《撮影 土屋篤司》

ホンダが3日、東京の青山本社で公開した『NSXコンセプト』。日本ではホンダブランドで展開される。年初のデトロイトモーターショー12で公開されたアキュラ仕様との違いはどこだろうか。

今回見られたもっとも大きな違いはフロントのブランドエンブレム直下にある、グリルパーツだろう。アキュラブランドでは、メタリックな質感で塗装されているところ、ホンダ仕様ではグリル全体にとけ込むような黒が採用されている。

当然、ホンダとアキュラで採用されているエンブレムは違う。エンブレムの違いはホイールにも見られる。

さらにアキュラ仕様ではリヤタイヤの横に「Hybrid」のエンブレムがついているが、ホンダ仕様にそれはない。

米国で開発、生産される次期NSX。米国では3年以内、日本には3年プラスアルファで投入されるという。

アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダNSXコンセプト《撮影 土屋篤司》 アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダNSXコンセプト《撮影 土屋篤司》 アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ NSXコンセプト《撮影 土屋篤司》 アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダNSXコンセプト《撮影 土屋篤司》 アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダNSXコンセプト《撮影 土屋篤司》 アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》