キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、米国高級ブランド・キャデラックの新型車『ATS』を日本市場に導入すると発表した。

キャデラックATSは、GMがドイツの競合プレミアムモデルに挑むために開発した新しいラグジュアリー・スポーツセダン。日本市場には今度の冬以降に投入する予定。

キャデラックATSは、キャデラックの「アート&サイエンス」コンセプト思想を新たなプロポーションに表現した。ブランドの中で最もコンパクトながら、数多くの先端材料の採用で約50:50の理想的な前後重量配分も達成。ノイズと振動を効果的に抑制、優れたハンドリングも可能としている。

GMジャパンの石井澄人社長は「ATSの登場によりキャデラックは、ラグジュアリー市場の中で、極めて重要なセグメントへ参入することになる。ATSの日本市場への導入により、欧州勢が独占してきたこの分野の現状を打破することを狙っている」と語る。

キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》