ホンダCR-Z SUPER GT GT300クラス参戦予定車 (イメージスケッチ)

ホンダは3日、2012年よりレーシングハイブリッドシステムを搭載した『CR-Z』をSUPER GTのGT300クラスに投入することを明らかにした。

CR-ZのSUPER GT参戦は、M-TECとの共同プロジェクトとなり、ホンダは「チーム無限」の参戦をサポートする。具体的には、ホンダは主にレーシングハイブリッドシステムを中心としたパワープラント領域を担当する。

参戦時期は第4戦のスポーツランドSUGOからの予定だ。開発ドライバーには、インディカー・シリーズやSUPER GT GT500クラスに参戦経験のある武藤英紀選手を起用する。

なお、SUPER GT のGT300クラスには、チームaprが『プリウス』で参戦を予定しており、サーキットにおけるハイブリッドカー対決を見ることができそうだ。

ホンダCR-Z SUPER GT GT300クラス参戦予定車 (イメージスケッチ) ホンダ・モータースポーツ2012参戦計画発表《撮影 高木啓》 SUPER GT参戦車両、トヨタ・プリウスGT300(東京オートサロン)《撮影 池田忍》 SUPER GT参戦車両、トヨタ・プリウスGT300(東京オートサロン)《撮影 池田忍》 SUPER GT参戦車両、トヨタ・プリウスGT300(東京オートサロン)《撮影 池田忍》