WTCC、シビック

ホンダは、2012年の四輪車のモータースポーツ参戦体制を発表した。

今年の四輪車のモータースポーツ活動では、FIA世界ツーリングカー選手権シリーズ(WTCC)に参戦を決定し、FIAとの協議を開始した。参戦車両は欧州で発売される新型『シビック』(5ドア)で、2012年10月に鈴鹿サーキットで開催される日本ラウンドからの参戦、2013年のフル参戦を目指す。

SUPER GTシリーズでは、運動性能を向上させた「HSV-010 GT」をGT500クラスに投入し、5チーム5台体制でドライバーとチームのダブルタイトル奪還に挑む。

今年からM-TECとの共同プロジェクトのもと、レーシングハイブリッドシステムを搭載した『CR-Z』をGT300クラスに投入、「チーム無限」としての参戦活動をサポートする。

全日本選手権フォーミュラ・ニッポンでは、燃焼効率をさらに高め、高出力と低燃費を両立させた3.4リットルV8エンジン「HR10E」を4チーム6台に供給し、ドライバーズチャンピオンとチームチャンピオンのダブルタイトル奪還を目指す。

北米最高峰のオープンホイール・レースであるインディカー・シリーズには、2.2リッターV6ターボエンジン「HI12R」を6チーム10台に供給し、エンジンマニュファクチャラーズタイトルの獲得を目指す。シリーズ3年目の挑戦となる佐藤琢磨が「レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング」からフル参戦する。佐藤琢磨は今シーズン、フォーミュラ・ニッポンにもスポット参戦する予定。

WTCC、シビック SUPER GT、HSV-010 GT《撮影 土屋篤司》 SUPER GT、HSV-010 GT《撮影 土屋篤司》 SUPER GT、HSV-010 GT《撮影 土屋篤司》 SUPER GT、HSV-010 GT《撮影 土屋篤司》 SUPER GT、CR-Z《撮影 高木啓》 SUPER GT、CR-Z SUPER GT、CR-Z 佐藤琢磨(中央、マイク)《撮影 高木啓》