スバル富士重。生産終了となるサンバーの駆け込み需要があったが、全体では販売台数は落ち込んだ(写真:サンバー トラック)

富士重工業(スバル)は3日、2012年3月期通期連結決算で、最終利益が前回予想より50億円増となる410億円に上方修正した。

売上高は、1兆4800万円を予想していたが1兆5000億円に上方修正した。収益では、諸経費の削減、原価低減が前回予想よりも見込まれることから営業利益を80億円増の380億円に、経常利益も80億円増の370億円に上方修正した。

売上げ台数は、国内の登録車が前回予想より1000台減の7万4000台、軽自動車が3000台減の9万3000台で合計で16万7000台を見込む。

海外は、北米が30万9000台、欧州が2000台増の5万4000台、中国が5万5000台となったが、その他地域で前回予想より4000台減となり47万4000台を見込む。