佐川急便は、マンションなどに設置されている宅配ボックスを利用した宅配便の発送受付サービスを2月4日から開始すると発表した。

佐川急便は、マンションなどに設置されている宅配ボックスを利用した宅配便の発送受付サービスを2月4日から開始すると発表した。

利用者は住むマンションに設置された宅配ボックスに荷物を入れるだけで、佐川急便が集荷して配送する新しいサービス。

利用者は専用送り状に届け先などの必要事項を記入し、宅配ボックスに荷物を入れる。佐川急便への連絡は不要で、同社のセールスドライバーが毎日定時に集荷に訪問し、荷物があった場合、送り状控えを郵便受けに投函する。

配送状況は佐川急便のウェブサービスで確認できる。サービスの利用は、フルタイムシステムへの事前登録が必要となる。宅配ボックスに午後3時までに預けた荷物は、当日集荷し発送する。

運賃は佐川急便の飛脚宅配便料金から100円減額する。サービスで取扱う荷物のサイズは、3辺(縦・横・高さ)合計が240センチ・30kgまでの宅配ボックスに入る大きさ。

同社は今後も市場動向、顧客ニーズを把握しながら、利便性、付加価値の高い商品を開発して提供するとしている。