BMW M3をベースにしたレースマシン、M3 DTM

2012年シーズンのDTM(ドイツ・ツーリングカー・マスターズ)に、ワークス体制としては20年ぶりの復帰を果たすBMW。6台の参戦マシンのうち、最初の1台が初公開された。

BMWは2012年シーズンのDTMに、『M3クーペ』をベースに開発した「M3DTM」を投入。エンジンは、自然吸気の4.0リットルV型8気筒ガソリン。レギュレーションにより、エアリストリクターの装着が義務づけられるが、それでも最大出力は480psを発生する。トランスミッションは、6速シーケンシャル。BMWによると、0-100km/h加速は約3秒、最高速は300km/hに到達するという。

参戦に向けて、ホワイトカラーのM3 DTMでテストを重ねてきたBMWだが、今回、正式カラーをまとったマシンを初公開。これはエントリーする6台のうちの1台で、カストロール・エッジ/アラール・アルティメット仕様のマシンだ。

BMWとカストロールはモータースポーツ分野において、長きに渡る協力関係を構築。ニューマシンの完成に際して、BMWモータースポーツのディレクター、ジェンス・マルカルト氏は、「このカラーリングは我々のDTMプロジェクトに相応しい1台」とコメントしている。

BMW M3をベースにしたレースマシン、M3 DTM BMW M3をベースにしたレースマシン、M3 DTM