ソフトバンクモバイルは、ソフトバンクテレコムの協力のもと、NEXCO東日本とNEXCO西日本が管理する全てのSA・PAの施設内(トイレ施設のみで店舗のないエリアなどを除く)において、「ソフトバンクWi-Fiスポット」を順次展開することになった。

NEXCO東日本が管理するSA・PAでは、すでに61か所のSA・PAで「ソフトバンクWi-Fiスポット」が展開しているが、2012年3月末までに首都圏・東北道を中心とする約120か所のSA・PAまで対象エリアを拡大し、2012年秋ごろまでにトイレ施設のみで店舗のないエリアなどを除く全てのSA・PAへ展開していく。

NEXCO西日本が管理するSA・PAでは、現在、2か所のSA・PAで「ソフトバンクWi-Fiスポット」が展開しているが、2012年秋ごろまでにトイレ施設のみで店舗のないエリアなどを除く全てのSA・PAへ展開していく。

ソフトバンクモバイルは、今後も高速道路を管理・運営するさまざまな事業者と連携し、「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利用可能なエリアを拡大していくとしている。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、駅や空港、カフェなどを中心に全国で利用できる、ソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービス。今回の提供エリア拡大により、高速道路のSA・PAにおいても、iPhoneやiPad、スマートフォン、ケータイWi-Fi対応機種が、より快適に利用できる。