マクラーレン メルセデスMP4-27

マクラーレンメルセデスは1日、英国のマクラーレン技術センターにおいて、2012年シーズンのF1マシン、『MP4-27』を初公開した。

発表会には、マクラーレンメルセデスのF1ドライバー、ルイス・ハミルトン選手とジェンソン・バトン選手が出席。両選手がニューマシン、MP4-27のアンベールに立ち会った。

2012年のF1は、レギュレーションを改訂。中でも大きな変更点として挙げられるのが、エアロダイナミクス面でのブロウンディフューザーの禁止、そして衝突安全面でのノーズ先端の高さ制限(車体底部の基準面からの高さを100mm下げ、最大で550mmに)だ。

しかし、マクラーレンメルセデスのニューマシン、MP4-27は、ノーズのデザイン変更を最小限に抑え、違和感の少ないデザインに仕上げた。昨年までのマシンとの違いで目を引くのは、むしろサイドポンツーンの処理だ。

また、冷却システムも変更。新レギュレーションに対応するため、エグゾーストシステムも変更を受けた。マクラーレンメルセデスは、「MP4-27は、主要システムを一新した革新的デザイン」と説明している。

マクラーレン メルセデスMP4-27 マクラーレン メルセデスMP4-27 マクラーレン メルセデスMP4-27 マクラーレン メルセデスMP4-27 マクラーレン メルセデスMP4-27