欧州トヨタの累計販売40万台目のハイブリッド車となったオーリス ハイブリッド

欧州トヨタは1月26日、欧州市場におけるハイブリッド車の累計販売台数が40万台に到達したことを明らかにした。

トヨタが、最初に欧州市場へハイブリッド車を投入したのは2000年。初代『プリウス』が出発点だった。その後、プリウスは2代目、3代目が発売され、2010年には欧州専用車の『オーリス ハイブリッド』も加わった。累計セールス40万台は、約12年で達成した記録だ。

記念すべき40万台目のハイブリッド車は、英国工場製のオーリス ハイブリッド。ベルギーの企業がオーダーした20台以上の同車のうちの1台が引き渡され、40万台目をカウントしている。

欧州トヨタのミハエル・ガーデル副社長は、「ハイブリッド車の認知度は確実に増している。2011年の欧州トヨタの販売の約10%が、ハイブリッド車だ」とコメントしている。