トヨタ アクア

コンパクトカーは燃費激戦区である。ゆえにシフトタイミングをノッキングぎりぎりまでに設定して(というか、カリカリという高音が聞こえることが多い)妙なこもりが出て不愉快極まりないことが最近多々ある。しかし、ハイブリッドになるとその問題点が一気に解決する。トルクを出すところをモーターで補ってあげればいいわけだから、燃費はもとより音&振動的にも満足のいく仕上がりになるわけだ。

実際、『アクア』に乗ってみるとまあ、発進直後の快適なこと。するするっと加速して楽チン至極である。ただ、問題は速度がのってきてからのエンジン音。回転数が上がると「がんばってます」的な音質&音量は、これがこの価格帯の小型車の限界かと現実に引き戻される。HVでこの価格なんだから、遮音や足回りのコツコツまで高望みしちゃいけないのはわかっているのだが。

外から見ていると後部座席がやたら狭く見えるのに、実際に座ってみると天井が高く大人でも十分なスペース。HVシステムの車内への進出はほとんどわからないほど、うまく組み込まれている。ついでにと言っては失礼だが、大きく倒されたフロントウィンドーのおかげで、運転席にいても車内は開放感あふれる広さ。Aピラーもスリム設計でナナメ前の死角が少ないし、街乗りチョイ乗り毎日使いにはもってこいである。

ソツのないクルマはつまらないと思いつつも、ここまでうまくまとめられると、まいっちゃうなあと、食指の動く自分がいるから困ったもんである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

トヨタ アクア トヨタ アクア トヨタ アクア トヨタ アクア