ホンダ N BOX ノーマル《撮影 雪岡直樹》

全国軽自動車協会連合会が発表した1月のブランド別軽自動車販売台数によると、シェアトップのダイハツが前年同月比27.9%増の5万3794台となったのをはじめ、全ブランドが前年を上回った。

ホンダは新型車『N BOX』が好調で、同85.6%増の1万9780台となり、日産を抜いてシェア3位に返り咲いた。

1位:ダイハツ 53794台(27.9%増)
2位:スズキ 42328台(13.0%増)
3位:ホンダ 19780台(85.6%増)
4位:日産 13336台(14.0%増)
5位:スバル 8755台(47.3%増)
6位:三菱自動車 7348台(9.6%増)
7位:マツダ 4623台(21.2%増)
8位:トヨタ 2699台

ホンダ N BOX ノーマル《撮影 雪岡直樹》 ホンダ N BOX ノーマル《撮影 雪岡直樹》