フランス・ポールリカールで行われたトヨタTS030ハイブリッドのテスト走行

日清紡ホールディングスは31日、FIA世界耐久選手権に参戦するTOYOTA Racingのハイブリッドカーにチームパートナーとして電気二重層キャパシタ「N's CAP」を供給すると発表した。

参戦車の『TS030 HYBRID』は、WECでは世界初となるハイブリッドカー。パワートレインには、トヨタ自動車と同社が共同開発した電気二重層キャパシタを搭載したハイブリッドシステムを採用している。

N's CAPは、2007年の「十勝24時間レース」で優勝したトヨタ『スープラHV-R』に搭載され、終始トラブルフリーで完走。高い信頼性を証明している。