池史彦取締役専務執行役員

ホンダの池史彦取締役専務執行役員は31日の決算発表の席上、2012年3月期の第4四半期(1〜3月期)の4輪車生産について「挽回を図るため100万台超を計画している」と明らかにした。

ホンダは同日、水没したタイの4輪工場が3月末から生産を開始し、車両組立てについては4月からフル生産に入る見通しを発表した。タイや東南アジアの周辺国を除き、すでに4輪生産は平常の生産に復帰している。

このため、日本や北米などで挽回生産を強化し、この3か月でグローバルでは100万台規模の生産を目指す。売上台数ベースでは第4四半期に100万1000台の計画としている。

ホンダの4輪事業は、東日本大震災の影響が出た昨年度の第4四半期から今期の第3四半期まで丸1年赤字が続いている。この第4四半期については「台数による挽回が進む」(池専務)としており、黒字転換を目指す。

池史彦取締役専務執行役員 米メアリーズビル工場 ホンダCR-V(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 ホンダCR-V(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》