三井不動産販売は、総合駐車場事業「三井のリパーク」の営業所「神戸ブランチ」を2月2日に開設すると発表した。

同社は路上駐車の減少による交通渋滞の緩和、また土地オーナーの有効的な土地活用を目的に1996年から駐車場事業をスタート。現在では日本全国で約5000事業地、13万台を超える駐車場の運営管理をしている。

今回、同社は神戸ブランチを開設し、神戸市を中心として兵庫エリアにおけるより深い地域密着と迅速かつフレキシブルに対応できる組織体制の構築し、三井のリパークのシェア拡大を図る。