アルファロメオ・ジュリエッタ

乗っているクルマはなんですかと問われ、『ジュリエッタ』ですと答えるだけで、もう完結しているような気がする。クルマに対するロマンと憧れと美と官能。それがこの価格で手に入るのなら十分じゃんと思ってしまう。名前だけでこれだけの満足感を与えられるクルマはほかにない。

デザインもインテリアも、正直、文句のつけようがない。というか、これに文句をつけたら美意識が問題視されそうである。後部座席のドアハンドルをさりげなく隠すのはアルファロメオの常套手段だが、これを見て結婚指輪をそっとはずして異性と会うような気持ちになるのは私だけではないはずだ。

1.4リットルのターボエンジンは伸びやかでよく走る。「コンペティツィオーネ」に搭載されたアイドリングストップもよくできていて、超細かな制御ではまだ課題もあるのだろうが、アルファなんだしという一言で全部OKになってしまうのはブランドの力というものである。

「クアドリフォリオ・ヴェルデ」のMTでしゃきっと走りたいところだが、ペダルのストロークがやたら長くいまひとつうまく使いこなせない感がつきまとう。個人的にはパドルシフトできゅっと走れるコンペティツィオーネがお勧めである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

アルファロメオ・ジュリエッタ アルファロメオ・ジュリエッタ アルファロメオ・ジュリエッタ アルファロメオ・ジュリエッタ アルファロメオ・ジュリエッタ アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 高木啓》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 北島友和》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》 アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 内田俊一》