これまでにうるう秒挿入を実施した回数

総務省は31日、日本の標準時の維持・通報を実施している独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が、7月1日に日本標準時に「うるう秒」の挿入を実施すると発表した。うるう秒の調整は3年半ぶり、これにより今年の7月1日は1秒長い一日となる。

今回のうるう秒の調整では、2012年7月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」を挿入する予定。

「うるう秒」の調整は、地球の回転の観測を行う国際機関である「国際地球回転・基準系事業」(IERS:International Earth Rotation and Reference Systems Service、所在地:パリ)が決定しており、これを受けて世界で一斉にうるう秒の調整が行われている。

日本では、総務省とNICTが標準時の通報に係る事務を行っており、IERSの決定に基づきNICTにおいて日本標準時にうるう秒の挿入を実施している。

今回、1月5日にIERSのうるう秒挿入の決定を受け、NICTでは7月1日に日本標準時に「うるう秒」の挿入を実施する。なお、最近では3年半前となる2009年1月1日にうるう秒の調整が行なわれている。