ホンダの決算発表《撮影 土屋篤司》

全体相場は4日ぶりに反発。 寄り付き前に発表された昨年12月の鉱工業生産指数が市場予想を上回ったことから、輸出関連株に買いが先行。半面、対ドルで円高が進行したことが、株価の上値を押さえる要因となった。平均株価は前日比9円46銭高の8802円51銭と小反発で引けた。

円高が嫌気され、自動車株は総じて軟調。ホンダが16円安の2666円と続落。大引け後に発表した4〜12月期の連結決算で、純利益が前年同期比71%減の1398億円。通期でも60%減の2150億円と、厳しい決算となる見込み。

日産自動車も7円安の719円と続落。マツダ、ダイハツ工業、日野自動車がさえない。

こうした中、トヨタ自動車が値ごろ感からの買いが入り、21円高の2810円と反発。
スズキ、富士重工も反発した。

いすゞが386円、三菱自動車が92円で変わらず。