IRジャパン、車載用ゲート駆動IC「AUIR0815S」

インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)は31日、車載用ゲート駆動IC「AUIR0815S」のサンプル出荷を開始した。

新製品は、ハイブリッド車や電気自動車のパワートレインのインバータ段にある大きなIGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)やMOSFETを駆動するために、10A以上の大電流を出力できることが特徴。

また、出力インピーダンスと電力損失が非常に低く、高温などの厳しい環境における動作が可能。出力抵抗は、電流の吸い込み時が90mΩ、吐き出し時が180mΩ(いずれも標準値)。ハイサイドのプルアップnチャネルMOSFETと並列接続したpチャネルMOSFETを集積し、負のゲート-ソース間電圧Vgs駆動と連続的なオン状態を可能としている。

新製品は、車載部品の品質規格AEC-Q100に、部材は鉛フリーで欧州の規制RoHS(特定物質の使用規制)に準拠している。

1万個購入時の単価は0.99米ドルからの予定。