ホンダのタイ工場で生産する「ブリオ」(バンコクモーターショー11)

ホンダは31日、タイの洪水被害を受けた四輪車生産拠点の状況について、ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドが、2012年3月末には生産を再開する予定であると発表した。

ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドの工場は2011年10月4日から操業を停止していたが、11月末から始めた排水、清掃作業が完了し、現在、工場建屋および製造設備の復旧を進めており、2012年3月末には生産を再開する予定。

タイ周辺のアジア諸国における生産の状況については、タイからの部品供給が停止した影響により、生産停止、または生産調整を行っていたタイ周辺のアジア諸国の生産拠点は順次生産活動を再開し、4月までには全生産拠点で通常レベルの生産に戻る見通しとしている。

今後の対応について、同社は定期的に水位の定点観測を行うとともに、ロジャーナ工業団地と連携を取り、工場周囲への防水壁の設置なども検討している。また、タイ政府やロジャーナ工業団地に対して洪水リスク回避の要請などを行なっていく。

ホンダがタイで生産する ブリオ