5本のCMの中の1本で訴求されるヒュンダイ・ベロスター・ターボ

2月5日、米国で開催されるNFL(ナショナルフットボールリーグ)の優勝決定戦、「スーパーボウル」。米国で最も高い視聴率を誇るスーパーボウルのテレビ中継において、韓国ヒュンダイモーターが一挙5本のCMを放映することが分かった。

これは30日、同社の米国法人、ヒュンダイモーターアメリカが公表したもの。同社のスーパーボウルCMとしては過去最多の5本が、スーパーボウル用に製作された。

5本のうち3本は、新型車の『ヴェロスターターボ』、大幅改良を受けた『ジェネシスクーペ』と『ジェネシスセダン』のスポーツグレード「Rスペック」を、それぞれ訴求したもの。また、1本はデトロイトモーターショー12で「北米カーオブザイヤー」を受賞した小型セダン、『エラントラ』をフィーチャー。残る1本は、ヒュンダイの企業イメージをアピールした作品だ。

ヒュンダイモーターアメリカのマーケティング担当、スティーブ・シャノン副社長は、「今年のスーパーボウルでは、ヒュンダイ車のバリュー、燃費の良さ、充実した保証、安全性、高い品質などを訴えたい」とコメントしている。