26日午前11時55分ごろ、神奈川県川崎市幸区内の市道で、交差点を左折進行していた軽乗用車が暴走。歩道に乗り上げ、歩行者5人を次々にはねる事故が起きた。この事故で2人が重傷。クルマの同乗者1人を含む4人が軽傷を負っている。

神奈川県警・幸署によると、現場は川崎市幸区下平間付近の三叉路交差点。軽乗用車は左折進行中に急加速。そのまま道路右側の歩道に乗り上げ、幼児2人を含む歩行者5人を次々にはねた。

このうち77歳の女性が頭部を強打して意識不明の重体、58歳の女性が骨盤骨折の重傷、他の3人と、クルマに同乗していた71歳の女性が打撲などの軽傷を負った。警察はクルマを運転していた中原区内に在住する76歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

調べに対して男性は「左折のために減速しようとしたが、ブレーキではなく、アクセルを踏んでしまった」などと供述しているようだ。