JBCCホールディングスの事業会社のJBサービスは、24時間・365日体制でシステム運用を支援する「SMAC」の機能を強化、企業でのスマートグリッド化対応も視野にいれた「環境関連サービス」を4月から本格的に開始すると発表した。

環境関連サービスの第1弾としてSMACでのサービスを付加した太陽光パネル関連サービスをスタートする。

東日本大震災後の電力事情や東京電力の料金値上げなど、電力利用についての企業の関心は高まっている。太陽光パネルについては、電力消費のピークシフト、省エネルギー、再生可能エネルギー、停電対策などの観点から、一般家庭での利用に加え、企業での利用についても取り組みが本格化している。

こうした中でJBサービスは、太陽光発電の運用に必要な監視、点検業務を主な事業とし、パネルの販売、設計・施工も手掛け、製造業、不動産業、自社施設を持つ企業を中心にワンストップでサービスを提供していく。

サービスには従来から展開するSMACのシステム運用支援を組み合わせることで専用の監視システムにより設置先の発電状況、障害状況を24時間、365日体制で監視する。技術員による定期点検も行う。

JBサービスでは、太陽光パネル関連のビジネスで初年度20億円の売り上げを目指す。