1960年代のラリーで活躍したアルピーヌA110

2012年秋、フランスで開催されるパリモーターショー12。同ショーにルノーが、名車アルピーヌ『A110』の復刻モデルを出品する可能性が出てきた。

これは26日、英国の自動車メディア、『AUTOCAR』が報じたもの。同メディアの取材に応じたルノーのチーフデザイナー、ローレンス・バン・デン・アッカー氏は、「パリモーターショーで、アルピーヌA110の誕生50周年を祝う“何か”を発表するつもりだ」と明かしたという。

この“何か”について、ローレンス・バン・デン・アッカー氏の口から詳細は語られていない。しかし、同メディアは、ルノー関係者へのさらなる取材を行った結果、「アルピーヌA110の復刻モデルの可能性が高い」とレポートしている。

アルピーヌ社は1956年、フランスに設立。当初はルノー車を改造してモータースポーツに参戦していた。1960年代には、アルピーヌA110がラリーで大活躍し、アルピーヌの名は一躍有名に。1973年にはルノーの傘下に入り、現在は「ルノースポール」各車を生産している。

アルピーヌA110の復刻モデル登場の可能性を伝えた英『AUTOCAR』