メルセデスベンツR350

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツの直噴技術「BlueDIRECTテクノロジー」を駆使した新世代3.5リットルV型6気筒直噴エンジンを搭載し、装備を充実した『R350 4MATICブルーエフィシェンシィ』を1月30日から販売開始した。

3.5リットルV6直噴エンジンは、直噴技術BlueDIRECTテクノロジーを駆使し、成層燃焼(リーンバーン)と理論空燃比による均質燃焼、成層燃焼と均質燃焼を組み合わせた均質成層燃焼の各燃焼モードを切り替え、高い燃焼効率と出力・トルクの向上を両立する。

さらに、高効率7速AT「7G-TRONIC PLUS」との組み合わせによって、高速走行から市街地走行までにおける、燃費経済性、環境適合性を大幅に高めた。最高出力は従来モデルと比べて34PSアップの306PS/6500rpm、最大トルクが20Nmアップの370Nm/3500〜5250rpmを達成した。同時に約10%の燃費向上を実現、2010年燃費基準プラス25%、2009年排出ガス基準75%低減レベルを達成した。エコカー減税とエコカー補助金の対象となる。

また、シート素材をこれまでのレザーツイン(ファブリックと人工皮革のコンビネーション)から「レザーARTICO」(人工皮革)へアップグレードし、インテリアの質感の向上を図った。

価格は796万円。