トヨタ・プリウスPHV

トヨタ自動車とKDDIは1月30日、トヨタの顧客向けIT事業会社であるトヨタメディアサービスとトヨタが共同開発したEV/PHV(電気自動車/プラグインハイブリッド車)向け充電スタンド「G-Station」にKDDIがWi-Fiアクセスポイントを設置し、「Gアクセスポイント・ネットワーク」として展開していくことで合意した。

将来のトヨタ車へのWi-Fi機器搭載を見込んで、通信環境を整備する。

Wi-Fiアクセスポイント付きのG-Stationは1月30日からの『プリウスPHV』の販売開始に向けて順次販売しており、今年度末までにトヨタの販売店や集客施設に1500台を設置する計画。

G-Station付近ではスマートフォンなどのWi-Fi搭載端末を通じてインターネットの利用が可能となるほか、auユーザーが「au Wi-Fi SPOT」として利用できる。他の通信会社のWi-Fi機器の接続も可能となる。

トヨタとKDDIは今後、ショッピングモールやファミリーレストランなどに設置するG-StationにもGアクセスポイントとして展開することを検討しており、利用者の利便性向上とau Wi-Fiスポットのエリア拡大を加速していく。

トヨタは将来的にトヨタ車に順次Wi-Fi機器を搭載する予定で、KDDIと連携してGアクセスポイントを活用してWi-Fi機器搭載車から情報を収集することで、精度の高い交通情報の提供などに活用していく。さらに、Wi-Fi通信でカーナビゲーションの更新地図のデータ配信などのサービス開発にもつなげていく。