阪神高速道路によると、1月1日〜25日の期間、ETCシステム障害のため、11号池田線の池田入口をDSRC車載器で利用したドライバーに誤った通行料金を請求している場合があった。

該当者には、課金額の修正対応を行う。ETCカードの締め日によっては、翌月以降の請求時に処理される。

DSRC車載器は、ETCとITSスポットの両方のサービスに対応する。一般のETC車載器利用者には問題はなかった。