レクサスGS《撮影 内田俊一》

2世代目に突入するレクサス『GS』のエクステリアデザインは緩急がついたものとなっている。

デザイン本部レクサスデザイン部主幹の稲冨克彦さんは、「サイドの印象はプレーンに感じるでしょう。確かにフロントの造形要素の多さに対して、シンプルにしています。欧州メーカーのような、サイドにある堀の深い造形などはやっていない。“緩急をつける”といっていますが、メリハリをつける造形手法なのです」と話す。

実際には、「フロントで強い造形処理をして、いったんサイドでくっと力を抜く。抜きますが弱くはしていません。がっちりしたドア断面を維持したり、水平基調のがつっとした車両の軸のようなものは残したうえで、変なキャラクターラインは使わない。そして、リアではまた、空力処理で、アイキャッチになる形を持たせる。造形の強弱をわざとつけているのです」。

しかし、サイドのキャラクターラインにはトリックも隠されていた。「フェンダーからのラインがあって、リアドアノブあたりで一度消えて、改めてその下あたりから始まるラインです。これはデザインの“妙”」と稲冨さんは語る。「軸は水平にとりますが、キャラクターで処理されるところは、動きを表現しました」。

そして(リアフェンダーあたりで)下げている理由もある。「この処理でタイヤとの距離が近く見える。そうするとタイヤが大きく見えるのです。他車ではウェッジラインがよくありますが、前から後ろに向けてウェッジすると勢いは出るものの、リアタイヤあたりにたどり着いたときは、位置が高くなって、タイヤをいくら大きくしても、相対的に小さく見えてしまうのです。そういうことを防ぐトリック」と述べた。

レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》