新日本製鐵が発表した2011年4〜12月期の連結決算は、当期損益が12億円の赤字に転落した。前年同期は1045億円の黒字だった。売上高は前年同期比1.5%増の3兆0698億円と小幅な増収となった。

東日本大震災を受け延期されていた建設活動の再開や自動車産業を中心とした鋼材在庫の積み戻しにより、内需は上向いた。しかし東アジア向けを中心とする輸出は、タイの洪水影響やアジア経済の減速、円高による輸出競争力の低下によって減少した。

損益では、石炭の単価は10%の下落で決着したが、上期までの高い契約単価の原料が入着した影響もあって原価の下落は小幅だった。販売価格と原料価格の差であるマージンも厳しく、営業利益は同46.0%減の821億円。経常利益が同34.1%減の1241億円だった。

通期業績見通しは、生産出荷量の減少に加え、国内市況の低迷で経常利益は前回予想より600億円マイナスの1200億円程度のマイナスになる見込み。また、有価証券評価損の特別損失も計上などから最終損益はほぼゼロになる見通し。